読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog.syfm

徒然なるままに考えていることなどを書いていくブログ

CODE BLUEに参加してきました

今回、日本最大のセキュリティの国際会議であるCODE BLUEにボランティアスタッフとして参加してきました。
カンファレンスなどのイベントに参加したのはこれが初めてでした。

自分の他に、同じくヅ大1年生3人、2年生1人、4年生1人の計5人がヅ大からの参加となりました。
事前準備のあった火曜日、ここで初めて全員との顔合わせが行われました。自分たち以外はほとんど全員が年上だったのですこし緊張していました。
そしていきなり会場のLAN構築作業のお手伝いをすることになったのですが、全然わからない…。だいぶ途方に暮れていましたが、BIGLOBEで働いている方に色々と教えていただき、なんとか理解することができました。

空き時間に見ようと思っていた講演はそのどれもがすごく興味深く、面白いものばかりでした。ただ、自分の知識が足りず、講演の内容をすべて理解できたものはほとんどありませんでした。
正直な話、CODE BLUE開催期間中はほとんど寝ていなかったり、ずっと立ちっぱなしの時があったので体力的に相当つらい部分がありました。 しかし、一番最後に行われたネットワーキングパーティーでボランティアスタッフへのサプライズがあったとき、とても達成感がありました。

CODE BLUEが無事に終わったあと、2次会へ参加しました。2次会はもうお祭り騒ぎといえるような賑わいで、それを見ているだけで疲れがどこかへ飛んで行く位楽しいものでした。また、スピーカーをはじめ、色々な方も2次会に来ていたため、様々な方と交流することができました。カスペルスキーで働いている方だったり、さっきまでカラオケで熱唱していた人がDEFCONのファイナリストだったりととても濃い空間でした。その方々と英語を使って会話出来たのはすごく嬉しかったです。

その中で名前を聞きそびれてしまったのですが、人生や生きること、目的についてお話をしてくださった方が、「自分がやってきたことが正しかったかは死ぬときにしかわからない」と仰っていて、以前からずっと悩んでいたことからすこし解放された気がしました。

さらに3次会が行われ、今度は人気の少ない中華料理店に行きました。そこで出てきた料理はサソリだったりカエルの肉だったり、ほとんど唐辛子しか見えない肉料理だったり、すごい悪臭のする豆腐料理だったりが次々と出てきてカオスでしたw

この3日間はボランティアスタッフの方やスピーカーの方など色々な方と交流でき、物凄く刺激的で充実した3日間でした。また、自分の知識や技術のなさを痛感し、悔しい思いを何度もした3日間でもありました。このCODE BLUEで得たことをこれからに活かしていきたいと思います。